12月17日の定例セミナーは、「データの価値」に着目します。

今年最後の定例セミナーは、2018年12月17日(月)16:00~、半蔵門のSAPジャパンで開催します。

今回は、「データの価値」に着目します。

事業取引には常にリスクが伴います。
しかし、それを回避するためのカスタマー・デュー・デリジェンス(顧客確認:CDD)のポリシーや手続きの煩雑さに足踏みしてしまうことがあります。最初の講演では、データとAIを活用してCCDを効率化する取り組み事例を紹介します。CCDに利用できる「データ価値」です。

次の講演は、データの権利をどう守るか、です。
データは“ヒト、モノ、カネ”に次ぐ第4の資源である、あるいは第2の石油と言われますが、データの権利をどう守ったらよいか、そもそもデータに権利があるのか、などの情報は少ないのが現状です。

経済産業省では、2017年5月に「データの利用権限に関する契約ガイドラインVer1.0」を策定し整備を進めています。同検討委員の福岡真之介弁護士に、「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」のポイントと例題をあげてご紹介いただきます。
契約面から「データの価値」をご理解いただけます。

奮ってご参加ください。

https://japan-dmc.org/?p=9692