1週間で3億円を集めた、人間系のデータベース構想

JDMCのMDM研究会リーダーの水谷さんから教えてもらったニュースです。すごい勢いで1週間で3億円を集めたというニュース。”いま流行のグラフデータベースやRDFは命題というかグラフというか、そういうデータを保管します。○-△や△-Xのつぶつぶ単位で情報を持ち、検索時に○-△-Xのつながりを発見して紐づけます。アポロは○-△-X-・・・単位で情報を持てるのが新基軸です。
プロジェクトでは文脈と呼んでいます。グラフデータベースの検索結果に属性をつけてデータベースに保存できるようなものだというイメージです。今後ますますデータベースがより自由でリッチになる分、人間系のデータマネジメントの出番が増えるのではないかと。(水谷さん)”

https://flying-penguin.jp/project/PM00000025/?fbclid=IwAR06rK00fLoo3r6FvILK00EzqxfGjdHyU33Jt28ZfK-vs–xvjJI-ODR–Y